コツコツ始めよう『冬の節電チャレンジ生活』

ご自宅で使用する電力の約60%を占めているのが[エアコン][照明][冷蔵庫][テレビ]の4品です。

 

暖房器具や照明の使用頻度が増え、1年の中で最も光熱費が嵩む『冬』

家電や設備の使い方に気を付けていれば、電気代を節約する事が可能となります。

小さな積み重ねが大きな節電効果に繋がります。

節電に取り組むことは、電気代の節約はもちろん、地球温暖化の原因の一つといわれる「二酸化炭素(CO²)」の排出削減にも繋がっていきます。

 

節電ポイントをしっかりとおさえ、冬の節電生活にチャレンジしてみませんか?

『エアコン』

 POINT  設定温度は『20℃』が目安に!

 

消費電力に大きく関わる設定温度は高くすればするほど電力も消費します。

21℃から1℃下げるだけで節約になります。

 

 POINT  エアコンとサーキュレーターや加湿器を併用して節電

 

エアコンに向けて対角線上にサーキュレーターを設置すると、室内の空気をかき混ぜながら、天井に溜まりがちな暖気を部屋全体に行き届けることが出来ます。

設定温度を低めにしていても、加湿器を使用し、湿度を上げることで体感温度がアップします。

 POINT  ストーブとの併用使用で速暖

 

エアコンは室内が暖まるまでに時間がかかります。

速暖性のあるストーブを併用使用し、部屋を一気に暖めた後、ストーブの電源をOFF!

エアコンの設定温度が低いままでも室内は十分暖かいままです。

 POINT  厚手の床まで届くサイズの長いカーテンを使用しましょう

 

家中のいたるところから、冷たい隙間風が入り込んできます。

より少ない消費電力で部屋を暖めるために、冷たい空気が部屋になるべく入らないようにし、熱が逃げるのを防ぐのがポイントとなります。

***豆知識***

暖房器具に頼るだけではなく、自分自身を暖かくすることが大事です。

特に首、手首、足首の太い血管が通る「3つの首」を温めることにより、防寒効果を高めることが出来ます。

『照明』

 POINT  電気はこまめに消灯して節電

 

誰も居ない室内の照明が無駄に点きっぱなしになっていませんか?

照明の明かりをこまめに消し、必要な時に点灯するだけで分かりやすく、すぐ実践できる節電方法です。

リモコン付きの照明器具は、リモコンで電気を消しただけでは主電源は切れず、待機電力が消費していきます。

長時間使わない、外出時等は壁のスイッチを切ることを心掛けましょう。

 POINT  照明器具をこまめに掃除

 

照明器具のカバーや照明器具が汚れていると、明るさが半減します。

余計な電気代を減らすためにも、こまめに掃除して明るさアップ!

 POINT  LED電球、LEDシーリングにチェンジして節電

 

丸型、薄型、角型などデザイン豊富なシーリングライトは家庭で一番使われている照明器具です。

白熱電球をLED電球に交換するだけでも消費電力の節約になり節電できます。

LEDシーリングも調色・調光、自動で明るさを調整する「エコモード」など便利な機能も充実しています。

『キッチンまわり』(冷蔵庫/炊飯器/電気ポット)

◒冷蔵庫◓

 POINT  熱い物は、冷ましてから入れて節電

 

温かいものをそのまま冷蔵庫に入れていませんか?

 

庫内温度が上昇し、冷やすのに余分なエネルギーが消費されてしまします。

冷ましてから入れるようにしましょう。

 POINT  冷蔵庫内の整理をしましょう

 

冷蔵庫内に食品を詰め込みすぎると冷気の循環が悪くなり、食品を取り出すときに手間取ってしまい、冷気が逃げてしまいます。

 

庫内の整理整頓をすることにより、物の場所が分かりやすく、無駄な開け閉めを防ぐことが出来ます。

詰め込む量は、6割から7割程度を目安にすると節電効果が高まります。

◒炊飯器◓

 POINT  炊飯器の保温と電子レンジの温め直しは、どちらが省エ!?

 

保温機能は、長くなると電力消費量が増え、美味しさも損なわれます。

ご飯を炊飯器で保温するのは4~5時間程度を目安としましょう。

余った時は、冷凍保存するなどし、その都度電子レンジで温め直す方が、美味しく食べられ、節電にもなります。

◒電気ポット◓

 POINT  保温するなら低めの温度設定で!

 

低めの温度で保温し、必要な時に都度再沸騰させましょう。

お湯はコンロで沸かし、ポットにうつすとより節電になります。

保温効果の高いステンレスポットは季節を問わず使用出来ますので、電気を使わず保温できるステンレスポットやマグボトルを気軽に使用して節電しましょう。

『テレビ』

 POINT  メインスイッチをOFFにして節電

 

リモコンの待機状態でも電力は消費しています。

見ていなくても長時間つけっぱなしになりがちなテレビはこまめに電源をOFF.

長期不在時は、プラグを抜くようにしましょう。

 POINT  画面の設定を見直して節電

 

映像モードが設定できる機能付きテレビの場合は、標準モードやリビングモード、省エネモードに設定するなどし、画面の輝度を調整しましょう。

明るければ明るいほど消費電力は増えます。

明るさセンサーなど、自動調整する機能は、活用していきましょう。

省エネは、エネルギーをかしこく、スマートに使うこと!!

自宅で出来ること、会社で出来ることをコツコツと始めてみましょう。

家計にも、地球にもやさしい暮らしに繋がる『省エネ』

 

『ちょっとの工夫で家計も地球も笑顔に』目指せ!節電上手!!

参考文献:家庭の省エネハンドブック、九州電力、くまにちすぱいす

入居者様 お問い合わせ
  • STEP1 お客様情報を入力
  • STEP2 入力内容を確認
  • STEP3 お問い合わせ完了

必須は必須項目です。

お問い合わせ内容
  • ご要望

  • お問い合わせ内容

  • ご入居中物件名・号数

  • お名前
  • 必須

  • フリガナ

  • 電話番号

(半角数字)

  • メールアドレス
  • 必須

(半角英数字)

  • 当社からのお知らせ

プライバシーポリシー

株式会社関西成斗工務店(以下「当社」といいます)は、 当ウェブサイト(以下「本サービス」といいます)に係る当社のプライバシーポリシーとして、以下の個人情報保護に対する基本方針及び個人情報に関する公表事項を定め、公開いたします。

【個人情報保護に対する基本方針】

当社は、当社不動産仲介業の一環として、本サービスを提供しております。当社は全てのお客様に安心してお付き合い頂くために、本サービスを通じてお預かりしております個人情報を安全に管理することが至上命題であると考え、プライバシー保護を当社の企業活動における社会的責任と捉えています。当社はこの責任を果たしていくために、この個人情報保護方針を定め、個人情報の適正な取り扱い、維持、管理に誠心誠意努めます。

1.対象

当社は、本サービスにかかる個人情報の保護に関し、本方針を適用いたします。

2.個人情報の収集・利用・提供

当社は、皆様の個人情報に関して、ご本人の同意なく無断で収集することはありません。収集に同意いただいた場合でもあくまで、事前に通知した利用目的の範囲内でのみ使用します。個人情報は同意がある場合、法律上要求し許容されている場合及び利用目的の達成に必要となる範囲内で委託する場合を除いて、第三者に提供いたしません。

3.個人情報の安全保護

当社の保有する個人情報は厳重に管理されています。 当社は内部規定・体制整備等の組織的安全管理措置、従業者の教育等の人的安全管理措置、盗難防止等の物理的安全管理措置、アクセス制御等の技術的安全管理措置を講じ個人情報にかかる事故の予防に努めます。

4.法令・社内規定の遵守

当社は、個人情報に関する諸法令、所轄官庁の定める諸規則の遵守に努めます。

5.苦情・相談への対応

当社は、当社の個人情報の取り扱いに関してご本人又はその他の方から苦情又は相談を受けた場合には、誠実にこれに対応し、 また必要に応じて当社における個人情報の取り扱い方法を改善いたします。

【個人情報に関する公表事項】

1.当社の名称

株式会社関西成斗工務店

3.個人情報保護に関する責任者

小笠原 誠二

4.個人情報(保有個人データを含みます)の利用目的の公表に関する事項

当社におきましては、本サービスを通じてお預かりした個人情報を、以下の目的のために利用いたします。
a.会員としてログインする際の本人認証及び会員ページにおける会員関連情報の表示のため
b.電子メール、郵便、電話等による本サービスや関連する当社サービスの情報提供を行うため
c.ご本人からのお問い合わせに対する対応のため
d.ご本人への当社の不動産仲介役務の提供のため

5.認識し得ない方法による個人情報の収集

本サービスでは、利便性の向上のため、ご本人が利用するWebサーバーに記録されたCookieを自動的に取得して利用する場合があります。


5-1.Cookieとは

Cookieとは、ウェブページを訪問したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。次回、同じページにアクセスすると、Cookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えたりすることができます。訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、ユーザーのブラウザからCookieを取得できます。なお、訪問者のブラウザは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。


5-2.Cookieの設定について

当ウェブサイトの会員であるかに関わらず、訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。
すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。


5-3.当社がCookieを使用して行っていること

以下の目的のため、当社はCookieを利用しています。
・訪問者が認証サービスにログインされるとき、保存されている訪問者の登録情報を参照して、お客様ごとにカスタマイズされたサービスを提供できるようにするため
・訪問者が興味を持っている内容や、当社のサイト上での利用状況をもとに、最も適切な広告を他社サイト上で表示するため
・当社のサイトの利用者数やトラフィックを調査するため
・当社のサービスを改善するため
・セキュリティー保持のため、ご利用から一定の時間が経過したお客様に対してパスワードの再入力(再認証)を促すため

6.保有個人データに関する事項

保有個人データに関する当社の安全管理対策の内容は、プライバシーポリシーに記載のとおりです。

7.個人情報の第三者提供

当社は、法令で許容される場合の他は、ご本人の事前の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。

8.開示等の求めに係る手続き

当社では、保有する個人情報のご本人から個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止、第三者への提供記録の開示等の求め(以下まとめて「開示等の求め」といいます)があった場合、当該開示等の求めに法令に定める理由があり、当社が開示等を行う権限を有しているときは、速やかに応じさせていただきます。

(1)開示等の求めの対象となる項目

6に記載の個人情報に係るすべて

(2)開示等の求めのお申し出先

〒 532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里2丁目6番10号

TEL 06-6390-7610 FAX 06-6390-7612

(3)開示等に際して提出する書面・手数料

当社においては開示等に際して使用する特定の書式は定めておりません。また当社では開示等について手数料は徴しておりません。

(4)ご本人確認

開示等にあたってはご本人確認のため運転免許証、パスポートなどの写真付き身分証明書の写しをご送付願います。 また代理人によるご連絡の場合には代理関係を証明する書類を共に送付願います。

(5)回答方法

原則として書面により回答いたします。

9.苦情の受付窓口

8(2)に同じです。なお当社の所属する認定個人情報保護団体等はありません。